南信州ビール裏ブログ

美味しいビールを造っています

ホップの香りのお勉強!

いきなりですけど、ホップって、品種によって香りが本当に様々ですよね!?

柑橘っぽいものから、トロピカルフルーツっぽいもの、はたまた、草原のような草のような香りなどなど、たくさんの香りがあります。

色んな香りがあるホップをいくつか選んで、目的のビールを造りだすっていうことを醸造の前段階で行います。

この日はペレットホップを水に溶かして、その香りの性質を見極めるトレーニングを行いました!

乾燥状態と水に溶かした状態とでは、ホップの香りの感じ方が変わったりして、改めてホップの選定の難しさを感じました。

なるべく醸造後の香りを意識してホップの選定をしていけばイメージと仕上がったビールとのギャップが少なく、イメージ通りのビールが造れるようになるはずなので、この作業はとても大切。

この感覚をこれからも鍛えていきたいと強く思いました!
定期的に色んな品種のホップでトレーニングしていきたいですね!