南信州ビール裏ブログ

美味しいビールを造っています

ボトリングのこだわり


ボトリング時の1枚ですが、実はここにも少しこだわりがあります。

拡大写真ですが、ビールをボトルに詰める時、王冠が打栓される間に液面と王冠の間に空気が入り込む場合があります。

南信州ビールのボトリングでは、ボトリングされる時に、この空間をビールの泡で埋めて、空気を完全に追い出したタイミングで打栓するように毎回調節しています。

泡を出しすぎると内容量が少なくなるし、出さないと酸化のリスクが上がります。

ベストなタイミングを見極めて打栓できるように日々調整が続きます!