南信州ビール裏ブログ

美味しいビールを造っています

駒ヶ根産モルト

地元、長野県の駒ヶ根産の大麦を使ってビールを作ってみようプロジェクト。

駒ヶ根市側から?依頼があって、地元産の大麦をモルト化してビール造りに使えないかとの事でしたが。

写真のように、モルトまでは出来上がったのですが、割れているモルトの割合が多いような気がします。

それと、麦の粒以外の柄の部分の混入歩合も結構多いような、、、。

実際に造ってみないとわからないですが、なるべく柄などの部分はない方が良いと考えます。

ここからは糖分を回収出来ないですし、タンニンの溶出の可能性があります。

モルトの違いを比べるという意味ではやっぱり、ゴールデンエールを造って比べることになるのかな!?

乞うご期待です。